秘密基地

日々の愚痴。女性男性問わずアイドルが好き。

定期的に聴きたくなるtacicaの音楽

今回紹介したいのはtacica
tacicaの曲は泣けるというか、感動っていう類いじゃなくて慰められてるような感覚。あとは比喩が多くて何を言ってるのか分からないって思う曲も数曲あるけど、歌詞を読んで聞いていくうちにいろんな捉え方が出来て尚且つその歌詞一行一行が深くて重い感じが好き。

一曲の音楽を聴いてるようで、でも自分に問いかけられているような曲が私は好きなんだと思う。ストーリー性の中に自分の気持ちを代弁してくれてる感覚になるのがtacicaの曲。

よく悩んで暗くなって生きるのが嫌ないわゆる病み期みたいな時期があって。
その時に聞くのは「命の更新」
夢は嫌いです 雨は嫌いです それを守る人や街が嫌いです ありとあらゆる悪を嫌うと 何故か自分の事も嫌いになった日
って歌詞が凄い好きで!最後の歌詞は
ありとあらゆる悪を嫌って いつか自分の事も嫌いになっても 僕以外に僕はいないと 言えず終わる日々や僕が嫌いです
多分人によっては重く感じるかも。私なんかは病んでる時以外は好んで聞かない。普段はBLUE ENCOUNTとかグドモとかLiSAちゃんとか割とハイテンションな曲を通勤中に聴いてます。
元々この曲は急病で倒れたドラムの坂井さんの闘病生活を経て生まれた曲ですしね。

でもそんなちょっと重い歌詞でもtacicaのメロディーはすごい聴きやすいから何回も聴いちゃうんだと思う。

そんな音楽の作詞作曲をしているのがVoの猪坂さん。どんな人?って思った方。チャットモンチーのえっちゃんと結婚した方ですよ!羨ましいかぎりですね!?

まだまだ他にも紹介したりません。ほんとに。この好きな音楽紹介シリーズをブログで書くのはすごい楽しいんだけど、気を抜くとめっちゃ長くなる。そして読みにくい。